ギャンブル

ニコラ・テスラとギャンブル

ニコラ・テスラをご存知でしょうか。世界的な偉業を成し遂げた人物です。とりわけ電気分野における素晴らしい業績でよく知られています。エンジニアであり、未来学者であり、発明家でもありました。交流(AC)送電方式の発明は、テスラの業績としていつまでも語り継がれるでしょう。テスラは、短期間のうちに人々の注目を集め、発明家として世界中で有名になりました。テスラの生涯には、一般にはあまり知られていない側面もあります。実は、彼は非常にユニークな性格の持ち主だったのです。

ニコラ・テスラとは一体どんな人?:

テスラの私生活について、詳しく調べるのは大変困難です。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、チェコ語、ハンガリー語、ラテン語という、7つの言語に堪能な天才でありました。一方で、孤高の人であり、生涯を独身で過ごしました。ここでは、彼の孤独な人生についてあまり触れないでおきます。とはいえ、テスラの発明品が革命的であったのは、彼の一匹狼的な性質によるところが大きいのかもしれません。私生活についての情報はほとんどありませんが、テスラについてのエピソードがいくつか残っています。そのようなエピソードでは、発明家テスラが経験したプライベートでの苦闘を垣間見ることができます。ウェスティングハウス社のシニアエンジニアであったバーナード・A・ベーレント氏は、以下のように述べています。「もし、我々の産業社会からテスラ氏の功績をなくし、消し去ってしまうなら、あらゆるビジネスが停止し、電車も自動車も走らなくなり、街の灯りは消え、工場は稼働しなくなるだろう。」このように、テスラの発明は、当時は伝説的であったことがわかります。それゆえ、電気分野におけるテスラの革命的な偉業と彼の生涯については語るに値するでしょう。

ニコラ・テスラ

ギャンブル:

テスラのギャンブルについてのエピソードは、よく知られています。特に、彼がギャンブルにハマり、大金を失ったことは有名です。彼がどんなふうにギャンブルに夢中だったかという具体的な話は、ほとんど伝えられていません。しかし、間違いなく確かなことが一つあります。当時のオーストリアには、カジノは無く、そのほとんどが私的な賭け事だったということです。どんどんギャンブルに夢中になっていったテスラは、学校の出席日数が足りず、奨学金が停止になり、退学を余儀なくされたそうです。その他にも、彼のギャンブルエピソードは数多くあります。中には、学費をすべてギャンブルにつぎ込んでしまったというエピソードもあります。

有名な出来事:

テスラのギャンブルについて、広く知られている出来事の一つに、地元のパブでカードゲームをしているのを見つかった時のことがあります。テスラは、友人と勉強してくると言って出かけましたが、両親にカードゲームをしていることがバレてしまいます。怒って駆け付けた父親に対して、テスラは以下にある有名なセリフを述べました。

「僕は望めばいつだってやめられるんだ。でも、楽園の喜びに勝る楽しみを手放す必要なんてある?」

その後数か月は、家庭内の問題が深刻になりしました。さらに、テスラが放浪者として逮捕されると、父親は悲しみに打ちひしがれ、1879年に世を去ってしまいます。ギャンブルに溺れるテスラに対して、母親はありったけの札束をすべて渡して、テスラにギャンブルで使い切ってしまうように言います。このときに、やっとテスラは正気を取り戻します。自分自身と向き合い、ギャンブル依存症を克服しました。テスラは、乱れていた生活を整え、通常の日常に戻りました。家族のためにギャンブルで大金を儲けようとすることもありましたが、中毒になることはありませんでした。うつと人間関係の問題から立ち直るとすぐに、通常の仕事を通してだけでなく、ギャンブルでも大金を稼ぐようになりました。

まとめ:

ニコラ・テスラの生涯は、インスピレーションに満ちあふれています。彼の人生の物語は、人間の内なる葛藤を描いているので、心の奥底に抱える問題に向き合う助けとなってくれるでしょう。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *